2013年03月21日

言えなかったさようなら

こんばんは、yuhiです。
今回は悲しい記事になってしまいそうです。

先日、入院していた僕の祖父が永眠しました。
今日はお葬式に出て、祖父と最後のお別れをしてきました。
いつかその時は来ると覚悟はしていましたが、実際その時になってみるとやるせないですね。
知らせを聞いて新幹線で現地へ向かったのですが、
祖父の顔を見るまでは、移動中、実感なんて微塵も感じなかったです。

一生会えなくなるというのはもちろん悲しいことで、当然ですが泣きました。
子どもの頃からよく一緒に遊んでもらってた思い出とか、一緒に見た景色とか、
もう過去の出来事でしか祖父とは会えないと思うと切なくてですね。
最期に一言、直接「さようなら」を言いたかったんですがそれも叶わず、
立場上、お見舞いに行くくらいしか出来ることもなく、無力な自分が情けなくもありました。
まあでも優しさをかき集めてできたような人だったので、
そんな僕でも、あの世から笑顔でこの先を見舞ってくれるに違いないです。

祖父からは今までたくさんの愛情をもらったので、今度は僕がそれに見合うだけのお返しを。
今やるべきことを精一杯やって、祖父に良い結果報告ができるよう努めます。
「ありがとう」はその良い結果が出来た時に、改めに言いに行くことにします。


posted by yuhi at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/351489000

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。